税金 節税 知恵
投資のことなら、お気軽にご相談ください。
日本初マルチペアトレード投資法
トップページへ ユーレカ・ファイナンシャル・アドバイザーズのご案内 キャッシュフローゲーム 投資セミナー 投資ソフト ユーレカ・メンバーへのご招待
マルチペアトレード

プロジェクト06 税金を学ぶ

プロジェクト06 税金を学ぶ

しっかり納税の義務は果たしたいものですが最初は税金ばかり払っていても 効率が悪いことは間違いありません。

余裕が出来てからたっぷり払っても遅くは無いでしょう。

プロジェクト06では、節税の知恵をご紹介しています。

税金対策は今から必要ですね。。。

「FX取引記録、業者に提出義務 申告漏れ対策で税制改正」

少ない元手で多額の外貨を売買できる外国為替証拠金取引(FX)をする投資家の取引記録が、 来年からすべて税務署に提出されることになった。

主に個人投資家の申告漏れが増えているためで、 国税当局は投資家がどれだけの利益を得たかを正確に把握できるようになる。

FXには、東京金融取引所が設けた取引市場「くりっく365」での取引と、 業者などとの相対売買である店頭取引がある。このうち全取引の9割を担う店頭取引業者は、 これまで投資家の損益状況を記録した「支払い調書」の提出義務が無かったため、 国税当局が投資家の所得状況を把握しにくいとされてきた。

30日に可決された税制改正により、すべての取引業者に対して支払い調書の提出が義務付けられた。

金融先物取引業協会によると、店頭取引の売買高は07年4〜12月期で480兆円を突破、 前年同期の倍以上に増えた。

国税庁によると、昨年6月までの1年間のFX関連の申告漏れ総額は約224億円。 同8月には東京都内の主婦が3年分の所得約4億円を申告せず、約1億3千万円を脱税したとして東京地裁から 有罪判決を受けるなど、悪質なケースも増えている。

一方、今回の税制改正で、100万円を超える国外送金の記録が税務署に提出されることも決まった。 これまで1件200万円超だったのが引き下げられた。

国税当局のチェックが行き届かない海外での 取引を悪用した脱税や資産隠しを防ぐためだという。

来年4月以降、金融機関から送金者の氏名や住所、金額や送金先などが税務署に提出される。

無料レポートのご紹介

株式さや取り入門

無料レポート 無料レポート「株式さや取り入門」
株式ペアトレード”という手法を学ぶための入門書

  例) 山田
  例) 太郎
メールアドレス
例) information@next-s.net
Copyright @ 2007-2014 Eureka Financial Advisors LLC
投資情報 FX投資 投資セミナー ならユーレカ・ファイナンシャル・アドバイザーズ